天国へ飛び立ちました。。。

今日、仕事から帰って、しばらくして・・・
ピースケは、天国へ飛び立ちました。

昨夜から、水しか飲んでなくて、何も食べなくなっていました。
ねり餌をくちばしから流し込んでやっても、飲みこもうとしなくなっていました。
昨日、もしかして…と心配していましたが、まだ、生きててくれました。
そして、今日
大急ぎで、帰って来ましたが
鳥かごの中を見ると、もう、止まり木には、止まって無く、直に降りていました。
もう、かすかに羽を動かせてる状態でした。

それでも、声をかけると、少しだけ、羽を動かせて、声のする方へ来ようとしています。

ほんの少しの望みをかけて、動物病院へ、電話をしてみました。
二つの病院に当たってみて、どちらも同じ返事でした。
「野生の鳥を家庭で飼育するのは、しょせん無理です」
「治療しようにも、注射が出来るわけではなく、手の施しようがありません」と・・・

そして、やはりもっと早くに、動物園に連れて行けば良かったかな~と、後悔しました。
ピースケは、私の帰りを待っててくれたのかな?
鳥かごの出口へバタバタと、歩いて来ました。
掌に、そっと乗せてあげると、頭を少しだけ左右に振って、見上げているようでした。

とてつもなく愛おしく「ピースケ、ありがとう~」と声をかけました。
すると間もなく静かに・・・息を引き取りました。 9月2日 17時58分

わずか、20日間だったけど、ピースケと過したこの日々を忘れることはないでしょう。

ごめんなさい。最後のピースケを見てやってくださいね。
ピースケ、ありがとう。。。 

みなさんに、いっぱい情報も頂き、アドバイスもして頂きましたのに、
ピースケを大空に帰してあげることが出来ませんでした。
でも、ピースケは天国へと、飛び立ったのだと思っています。

色々とありがとうございました。

広告

About 芳奈美
パグの純との日記。日々更新かも?

15 Responses to 天国へ飛び立ちました。。。

  1. abend says:

    残念でしたね。でもほんとならとっくに亡くなってたと思いますよ。動物病院でも見れるところって少ないんですよね。注射が出来ないのは嘘です。我が家の鳥 もう亡くなりましたけど治療で注射も取り入れてましたからね。精一杯 やれることはやったのだから仕方ないと思います。可愛いかったのにね~^^私も忘れないわ。

  2. ちえみ☆ says:

    ピースケちゃん天国に旅立ちましたね。大切にお世話をしてあげたと思います。鳥は野鳥でなくとも難しいです。病気になったらなかなか助からないのは現実です。家の近所には小鳥を診てくれる獣医さんが居ます。注射も酸素をしながらゆっくりされます。残念だったけどkanamiさんに感謝していますよ。私もピースケちゃんのことは、忘れません。

  3. さくら says:

    お久しぶりです。さくらです。ピースケちゃん、残念でしたね…。ご冥福をお祈りします。さくらも昔、すずめを保護して育てようとした事があったんですけど、ダメでした。でも、ピースケちゃんは、最後の時を優しい方に看取られて幸せだったんじゃないかと思います。きっと、ピースケちゃんもkanamiさんに感謝してるし、忘れないでしょう。私も、小さな命が一生懸命生きようとした事は、忘れたくありません。

  4. ひ~、めんちゅ、ちゅん says:

    へ<)ひ~こんにちわ~ぴーすけ・・・残念です><;風邪ひいちゃったのかな・・??><

  5. kanami says:

    abendさんこんにちわ~色々教えて頂いてアドバイスもしてもらいましたのに、残念なことになってしまいました。動物病院の先生も、小鳥も、診ますが、ツバメは。。。見たいな反応でした。そして、やはり、動物園へ連れて行くべきだったなぁ~と、後悔しています。今までにも、十姉妹は飼ったことがありましたが、こんな感情にはならず、ピースケは、ホントに可愛かったです。改めて、こんなに小さな鳥でさえ愛情が伝わるんだなっ、と思いました。いっぱい教えて頂いて、ありがとうございました。これからも、よろしくお願いします。いつもありがとうございます(*^^)v

  6. kanami says:

    ちえみさんこんにちわ~いろんな情報をありがとうございました。大空へ帰してあげることが出来ず、残念です。それでも、元気で、もっともっと長く一緒に居たかったです。昨夜は、辛くてね・・・鳥が、あんなに人間に懐くとは思ってもなかったのでよけいに可愛くて・・ね^^小鳥にだって、気持ちは通じると思いました。ピースケは、我が家の庭の片隅で、深い眠りにつきました。色々ありがとうございました。また、これからも、よろしくお願いします。いつもありがとうございます(*^^)v

  7. kanami says:

    さくらさんこんにちわ~ご無沙汰しています。ホントに、お久しぶりですが、見に来てくれて、嬉しいです☆今日は、ピースケの残念な報告になってしまいましたが・・・20日間も、一緒に居ると、情が移るって言うんでしょうか?もう、手のひらで、動かなくなった時は、辛くて辛くて、大粒の涙が、ポロポロ出ました(-.-)小さくても、大切なたった一つの命。生かしてあげられなかった事を悔やみます。写真もいっぱい撮っていますので、眺めながら、ピースケのこと、忘れないでおこうと思います。ももちゃん、はなちゃんは元気ですか?また、お会いしたいですね♪いつもありがとうございます(*^^)v

  8. kanami says:

    へ<)ひ~さんこんにちわ~ピースケ、可哀想なことをしてしまいました。もっと早くに、適切なところに連れて行けば、元気で、大空に帰ることが出来たのかもしれない。と、思うと・・・後悔しています。が、ピースケとの20日間は、思い出深いものになりました。心配していただいてたのに。。。仰るように、室温も、低かったのかもしれません(-.-)辛いです!いつもありがとうございます(*^^)v

  9. ぶいママ says:

    こんにちは~☆ピースケくん旅立ったんですねきっと最後にみんなに会いたくてみんなの帰りを待ってたんですね20日と短くてもピースケくんは純ちゃんちでみなさんからの愛情をたくさんもらって温かいしあわせな時間を過ごせたんだと思います。おかあさん、どうかご自分を責めないでくださいねピースケくんはきっときっと大空を飛びながらみなさんのこと見守ってくれていると思います。私もピースケくんのこと忘れません!!

  10. Nami says:

    ピースケくん、野生の鳥を助けてあげてたんですね。でも、残念でしたね。Kanamiさんのもとで人間の温かさを知ることができたピースケくんは他の野生の鳥が体験できない貴重な体験をできたかもしれませんよ。いつも、優しい、Kanamiさん。尊敬します。

  11. こう says:

    こんばんわピースケちゃん、やさしい家族に恵まれてよかったね予想した通りの結果ですが、きっと心が満たされていたと思いますよ。毎日ブログを訪問するのが怖かったのですが、ついにこの日が来たのですね。kanamiさんとご主人様、そして純ちゃんの優しさが、ひしひしと伝わってきました。命の大切さを教えて下さってありがとうございました。

  12. kanami says:

    ぶいママさんこんばんわ~願いは叶わず、ピースケを自然に帰してあげる事は出来ませんでした(-_-;)動物園に、お願いしていたら。。。と、後悔もします。ホントに、鳥とは思えない、新しい発見ばかりでした。この20日間の事を忘れる事はないでしょう・・・今朝、庭の片隅で眠りにつきましたが、気持ちは、大空を飛んでいると、思う事にします。いっぱい心配して頂き、嬉しかったです。これからも、よろしくおねがいします。いつもありがとうございます(*^^)v

  13. kanami says:

    Namiさんこんばんわ~8月13日の朝、純の散歩の途中、道路の片隅で、動けなくなってたのを保護しました。鳥の種類も分からず、ブログで皆さんに教えてもらいました。お馴染の、ツバメだったんですが、とても人間に慣れてて、手に乗ってきたりするものですから、ついつい、手元に置いてしまった次第です。結果、自然に帰してあげることが出来ず、後悔もしています。が、この20日間はピースケとの沢山の思い出が出来ました。決して忘れないでしょう。。。ピースケにとっては、元気なら、南の島に向かってる頃だろうに。。。と、辛くなります(ー_ー)!!いつもありがとうございます(*^^)v

  14. kanami says:

    こうさんこんばんわ~そんなに言っていただけると。。。ホントは、大空を飛びたかっただろうと思います。自己判断で、我が家で、出来るだけ飼ってあげよう。なんて思ったのが間違いだったのかも知れません。可哀想な事をしてしまいました。でも気持ちは、きっと大空を飛んで南の島へ向かっているだろう…と思う事にします。庭の片隅に、ちっちゃなお墓を作ってあります。そこで、先に入ってる十姉妹や、金魚達と、出会ってる頃かもしれません(>_<)いつも、気にかけて頂き、感謝です。これからもよろしくお願いします。いつもありがとうございます(*^^)v

  15. よっちぃ☆ says:

    こんばんは。ピースケ君、優しいKanamiさんご一家と短い時間でも楽しく過ごせたと思います。Kanamiさんご一家に拾われていなければ、もっと前に天国へ招かれていたと思います。きっと今頃天国からKanamiさんご一家を守ってくれていると思います。動物を飼うと、懐けば懐くほど別れが悲しいですね。でも大切にしてもらった動物は幸せだったでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。